理想の引退したあとの生活

理想の引退したあとの生活

ここ何十年かの間で、日本人のライフスタイルは大きく変化しました。

私の若いころと現在とでは、ずいぶん生活が変わったと感じられているかもしれません。

日本人全体のライフスタイルが変化したのと同様に、老人の生活も大きく変化しています。

ひと昔前よりもさらに、多様化しているのが現代のライフスタイルです。

多様化した老後の生活とはどういうのが多いのか調べておきました。

森谷式翻訳術HP

理想とする老後生活を送るために

人それぞれの考えがあるでしょうが、多くの人に共通したものはあるはずです。

それをまとめてみました。

経済的な余裕がある

多くの人は経済的なゆとりがある老後を理想としています。

人生100年時代といわれる現代。健康寿命が延び、退職後の人生も長くなっているからこそ、経済的な不安要素はできるだけ取り除いておくと安心出来ますね。

全体的に寿命が延びていることもあり、長い将来を見据えた資金設計が重要性を増しています。

年金や定年後の収入で何とかなると簡単に見とおさずに、必要な分をしっかり貯蓄しておくことが大切となります。

シニアが理想とするゆとりのある生活を目指すなら、将来の生活資金だけでなく、自己実現のための資金分も加算してお金を用意しておく必要があるかも知れません。

時間に余裕がある

時間に追われない悠々自適な生活、話し相手のいる生活を望む人が多いといいます。

仕事に育児に、さまざまなしがらみから解放される時期だからこそ、自由に過ごしたいと願う人が多いと思います。ずっと走ってきましたからね。

健康を維持する

悠々自適な生活も健康が維持されてこそ理想どおりに実現するもの。

健康に過ごしながら生きがいとなるものに取り組みたい、いつまでも若々しく見られたいと、健康的なライフスタイルを理想として生きていく方が多いです。

また、健康は体だけでなく心も健康であることが大切です。

心が疲れないようにご自身の状態を知って、心の負担を軽くするような工夫もしていく必要があるでしょう。

まとめ

人生100年時代も現実味を帯びてきた現代、シニアのライフスタイルも多様に変化してきました。

第二の人生を考えるなら、自分の思い描く未来を実現できるような生活スタイルに変えていくことが大切になってきますね。

セカンドライフを充実させておくためにも日頃からしっかりと生活に対して考えておくことが大事です。

その実現のために色々としていくのがこれから求められてきます。

森谷式翻訳術HP
TOPページを見る