森谷式翻訳術で学ぶ事が出来る「翻訳業界」の需要

森谷式翻訳術で学ぶ事が出来る「翻訳業界」の需要

翻訳業界の需要の高さに関しては、もう分かって頂けたと思います。では実際に今の社会情勢や時代の移り変わりに対してどの位更に需要が高くなっているのかを書いてみました。

森谷式翻訳術HP

コロナ渦によるリモートワークの需要

今は日本のみならず世界中がコロナで大変ですよね。

インドは驚異的な感染者数が…

本当に恐ろしいです。

そんな中、リモートワークを取り入れる企業も多くなってきています。

でも、リモートワークが出来ない業種の方々も当然いますよね?

そんな人たちが「在宅で出来る仕事」への転職を考えてる傾向が高いみたいです。

沢山の職種がありますが、そんな中でも「翻訳」の仕事を志す人も凄く多いみたいです。

翻訳の仕事も様々なジャンルがありますので、翻訳スキルを高めて、自分で仕事を獲得して高みを目指す人が多いのでしょうね。

翻訳の仕事は「在宅勤務」も出来ますし、コロナが落ち着けばカフェや、自分のお気に入りのスポットで仕事も出来ますからね。

尽きる事の無い職種

どんな仕事も需要と供給で成り立っていますよね。

翻訳の仕事に関してはどうでしょうか?

私は尽きる事の心配が一切ない仕事だと思うんです。

産業翻訳

産業翻訳に関しても「ビジネス文書や学術書、マニュアル」などは常に作られます。

契約書の翻訳等もこの産業翻訳の仕事は含まれてますので、仕事がなくなるって心配は皆無だと思います。

出版翻訳

出版翻訳は、本の翻訳です。

本は年間何冊出版されているかご存知ですか?

1年に約75,000冊の本が発売されているんです。

それだけでも膨大な数ですが、今までに出版されていて、まだ翻訳されてない書籍とかも当然あります。

これだけの数の書籍が発売されるなら、出版翻訳に関しても心配する事は一切ないですよね。

映像翻訳

これはもう説明しなくても分かって頂けますよね?

海外の映画やテレビ番組、DVDなどの翻訳が主な仕事です。

英語もDVDもテレビ番組も常に新しい物が求められていますし、尽きる事が無いマーケットです。

大手配給会社の映画はベテラン翻訳者を指名することが多いのは事実ですが、今時代は変化の時です。

新しいニュアンスを求めている会社も多く、チャンスは凄く大きいですし、チャンスを掴み取れば常に仕事が舞い込んでくる様になると思いますよ。

森谷式翻訳術HP
TOPページを見る